レーシック 失敗

当サイトは、レーシックを検討している人のために、レーシックの失敗やトラブルを検証してみました。
安心してレーシックを受ける意味でも、是非、参考にしてください。

定評のあるレーシックの病院・クリニック
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック
安心して手術を受けていただくための「充実のアフターケア」
>> 公式ホームページはこちら <<




品川近視クリニック
品川近視クリニック
実績・信頼のあるクリニック
>> 公式ホームページはこちら <<





SBC新宿近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
視力回復手術で高い満足度を誇る、新宿近視クリニック
>> 公式ホームページはこちら <<




レーシック手術でよく聞くドライアイ

レーシック ドライアイレーシックの術後には、ほとんどの人がドライアイになることは知られています。これはレーシックの手術の過程で、涙の量を調節する神経を切断するからです。通常、この神経は3ヶ月ほどで再生されますが、個人差があるため数日で元に戻る人や長くかかる人もいます。
元々ドライアイの傾向がある人は、一時的に悪化することがあるので、適切な管理をする必要があります。点眼で効果が得られない場合には涙点プラグを挿入したり、眼軟膏が処方される場合もあります。元々ドライアイであっても、レーシックの結果には差はなく、最重症型のシェーグレン症候群でも安全で効果的な手術が行えると分かっています。
術後のドライアイについては、あらかじめ十分説明を受けていれば、驚くほどのことはありません。ほとんどの場合、時間の経過と共に改善します。それまでにコンタクトレンズを使用していた人は、目が乾く状態を経験している人も多いのではないでしょうか。
不安な点はしっかり確認して、信頼できる医師による施術を受ければ、眼鏡もコンタクトレンズも不要な快適な生活を楽しむことできます。

レーシックのトラブル 視力低下について
レーシックとは、視力が低下しているに対して、視力回復するように手術する方法です。
角膜を直接レーザーで削り、角膜のカーブを変えることで、光の屈折角度を変えて矯正します。
一度行えば、ある程度の視力を回復でき、眼鏡やコンタクトなどの煩わしさから解放出来ることから、近年では施術する人たちが増えてきています。
しかし、人気が上がる一方で、レーシックによるデメリットも存在していることを理解しなければなりません。
直接目にレーザーを当てるため、事前に十分な検査を行うことが大切です。きちんと検査も行わずに手術を行うような病院は避けましょう。
また、一時期を過ぎると、視力低下を起こすこともあります。
レーシックを受けたからといって、視力低下を防げるわけではなく、目に悪い生活環境を送っていると、視力低下が進んでいく事かあります。
レーシックを受けた後もしっかりとメンテナンスを行うことが大事ですので、定期的な検査を受けるようにしましょう。


レーシックは安全なの?失敗の可能性
レーシックの失敗の可能性
レーシックは100%成功するものではありません。しかしながら、車に乗る、電車に乗る、飛行機に乗るなどすべて安全というわけではありませんので、少なからずリスクはつき物です。
レーシックに関しても、そのリスクを考えて手術を受ける分けですが、基本的に、事前の検診でどの程度安心受けられるか?また、手術自体受けられないのか?ある程度わかります。
医療の進歩に伴い、5年前のレーシックより今のほうが技術は進歩していますし、検査自体も発展しています。
レーシックでは、角膜をレーザーで調整(凹凸をなくす)というものなので角膜厚が薄かったり、また、乱視が強すぎれば、施術自体も変わります、金額に大きく反映されることになります。
目という大事な身体の一部なので、余計リスクに敏感になるのはわかりますが、視力が回復するというメリットは非常に大きいともいえますね。



レーシックで行われる手術について
最近では、プロ野球選手や芸能人など多くの方がレーシック手術を行っています。
レーシック手術は、一体どのように行われているか知っているでしょうか。
レーシックとは、ます蓋の役割をしているフラップと言う所を特殊な機械で削り、その後角膜にエキシマレーザー言うレーザーで角膜の中央部分を削って、角膜のカーブを変えることによって近視などの屈折異常を矯正するのがレーシック手術の方法と流れになります。
レーシックを行えば眼鏡やコンタクトを使わず、裸眼でものを見ることができますが矯正できる度数には限度があります。そして、18歳未満方やや40歳以上の方には矯正することができません。
手術には、合併症などのリスクがあり、術後にも様々なデメリットがあります。ドライアイが起きて悪化することがあります。正確な眼圧検査ができないため緑内障などの病気が見逃されてしまう恐れがあり、白内障の正確な治療ができないなどのデメリットが存在します。そして、保険も利かないため、検査や治療は全部実費となってしまいます。
レーシックは、屈折異常を抱えている方には、絶大な力を発揮しますが、様々なデメリットが存在するのでネットや本などで調べて、専門医と良く相談の上治療を行うかご検討してみて下さい。